○ 粟田神社大祭「神幸祭」で大燈呂と剣鉾を観る。

 粟田神社大祭「神幸祭」で大燈呂と剣鉾を観る。


2010年10月11日、東山にある粟田神社大祭の一つ「神幸祭」で勇壮な祭列「剣鉾」を観てきた。
数日間降っていた雨も粟田祭に合わせたかの様に止まり、すがすがしい秋空のした地元の氏子さんや関係の皆さんがにぎやかに巡行する。


東山通には各町の剣鉾を保存、お世話をされている皆さんが、おおきな剣鉾を飾っている。写真は「東町」の剣鉾と祭壇。近所の人は勿論、このお祭り楽しみにして来られた人々が「へーこんなに大きいんや〜」と眺めている。「西町」でお世話をされている方にも、剣鉾の保存や継承についての思いを聞かせていただけた。「もっと、差し手が増えてくれたら、さらに楽しくなるよ。」と


剣鉾をはじめ、粟田神社「神幸祭」のにぎやかな祭列は粟田神社の境内をおりて、三条通に入ってすぐに神宮道へ。そしてまた東の山側から三条通の緩やかな坂をくだりさらにその他の巡行路へ。


剣鉾はとても重く、まっすぐ立てるまでは、数人の男性が声を掛け合い、タイミングを合わせて持ち上げる。はっぴ姿にわらじ履き、威勢の良い京男が「よっしゃ!」と一人でまっすぐ天に突き上げる。


この京男達を「差し手」、「鉾差し」と呼び全長7m以上あろうかと言う剣鉾を絶妙なバランスで差して歩く。しかしまっすぐ歩くだけでは無く、勢い良く体を揺らして大きな剣鉾の先がしなるまで、勇壮なステップを踏む。剣鉾の先がしなる、これを「鉾がまねく」と言う。まねく度に剣鉾からつるされた鈴が、ティコーン、ティコーンと小気味良い音を響かせる。沿道から観る見物客からは、拍手喝采。思わず「よっ!男っ前ぇ!」と声援がまた皆を盛り上げる。


三条通や、神宮道の方への巡行も美しいだろうと、祭列の後を追ったが、やはり私は白川沿いの知恩院門前へ下る道がとても気に入った。両岸に柳並木がさらさらなびくこの細い道。普段は川と柳と細い行者橋(石橋)が、美しく静かな東山の風景として沢山の人々から愛されている。
が、しかぁし、この道は車一台が通れるほどの道幅に、しなった柳の枝と電線がある。この道でも差し手は慎重に、しかし強気で鉾先をしならせて招く。


途中、例の行者橋(石橋)に差し掛かると、見物客の一人が「渡ってぇ!」と叫ぶ。お若くて粋な差し手のお一人「行こか〜?!」と半分本気で細い石橋を眺めていたが、剣鉾も神様からの大切な預かり物にして、皆さんの宝物。と言うわけで、ここはご愛嬌まで。しかし、粟田神社剣鉾奉賛会の廉屋さん曰く、昔の記録では本当にこの細い行者橋を剣鉾が通り、それを「曲差し」と呼んだそうな。


白川沿いで不意に「楽しんでる?!」と声をかけていただいた。その廉屋さんだ。
そう、これなんですよね。私より何歳も上の世代の男達が、きらきらした笑顔で汗びっしょりになりながら、重い剣鉾を差してあるいて、周りを元気にしてまわっている。ありがとうございました、本当に元気をいただけます。これから、もっとこのお祭りは盛り上がるに違いない。実際にするかしないかは別として、剣鉾を担ぎながら、本気の面持ちで行者橋を見つめるような、威勢と気持ちよさを持った「鉾差し」が増えて行き、もっと沢山の人々に観てもらいたい。また来年も見たいものです。


【交通】
京都駅前D1乗場から
市バス100系統・清水寺、祇園経由、銀閣寺行で「東山三条」下車東へ5分程度(時刻表・通過停留所確認)


地点マップ(PC用、携帯au、docomo)

場所名: 粟田神社
住所: 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1

最寄交通機関
市バス:京都駅乗場D1から、100系統に乗り「東山三条」。「四条河原町」「祇園」からは46系統が出ています。
電車: 京都市営地下鉄 東西線東山駅下車 東へ徒歩7分



○ 粟田神社大祭「神幸祭」で剣鉾の雄姿

 粟田神社大祭「神幸祭」で剣鉾の雄姿に感動間違いなし。

10月11日(月・祝日)12:00〜「神幸祭」より。いよいよ、粟田神社の「神幸祭」の時期が来ました。


その中で見られる「剣鉾(けんぼこ)」は祇園祭りの原型とも言わる勇壮、「これぞお祭り!」と見た後に満足感を感じてしまう。

今年は、大豊神社さんの大豊祭で見せて頂いた剣鉾。ありがたいご縁で関係者の皆さんから直接その醍醐味や維持・継承の大切さすばらしさをお聞きしているので本当に楽しみだ。


重く長い柄の先についた剣鉾を数人の男が気合いとかけ声で勢いよく空に向けて差し、それぞれの伝統と流派の「差し方」で力と絶妙なバランスを保ちながら美しい東山の町中を練り歩く。

差し手(さして)が体を巧みに揺らし、街路樹や電線をよけながらも見事に剣の先を、招くようにゆらゆら振り、剣鉾からつり下げられた鈴をうまくならせば、観客から拍手と歓声があがり実に盛り上がる。まさに鳥肌もの

気になるのが巡行路と時間だが、当日は午後12時20分ごろ粟田神社を出発して、東は神宮道、西は東山通(東大路通)、北は三条通、南は知恩院道とそれぞれの付近を巡行するようだ。


ここでは粟田神社大祭の中から特に剣鉾が見られる「先之行列巡路」をお知らせしておこう。

もちろん、剣鉾が邪を祓い通った後に美しい御神輿や、騎乗神職様が見られるので、そちらもおすすめ。


今回、特別にいただいた、ユーデザインの手ぬぐい。前哨戦として8月に粟田神社で開かれたビアガーデンと芸能の楽しい夕べで、おはなしを聞けた剣鉾の重鎮や兄貴たちと同じ手ぬぐいをいただけるのは、とても名誉なことだ。

いつも京都のいろいろを教えてくださる、「粟田神社剣鉾奉賛会」の廉屋さん(カドヤ作業服店ご主人)に、そして大豊神社、新日吉神社の鉾差しの皆様に心から感謝。粟田神社納涼ビアガーデンで学ばせて頂いたご恩忘れておりません。


地点マップ(PC用、携帯au、docomo)

場所名: 粟田神社
住所: 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1

最寄交通機関
市バス:京都駅乗場D1から、100系統に乗りor「東山三条」or「神宮道」。「四条河原町」「祇園」からは46系統が出ています。
電車: 京都市営地下鉄 東西線東山駅下車 東へ徒歩7分



○ 粟田神社大祭「夜渡り神事」粟田大燈呂

 粟田神社大祭「夜渡り神事」粟田大燈呂は光の幻想。

10月10日(日)18:30〜「夜渡り神事」



青森の「ねぶた祭り」の源流と言われている粟田神社の大燈呂。今年は7基が巡行にくり出され、新たなカラクリがみれると言うことなので、楽しみの一つ。

一度夜の粟田神社で実際に明かりがともされたのを見たことがあるが、幻想的でどこか懐かしく、綺麗だったのを覚えている。祭り本番の祭列で7基を見ればさぞすばらしいだろう。家族や恋人や、大切な人と見に行くときっとさらに感動的だろう。
京都造形芸術大学や有志のみなさんで、新たに作られた粟田大燈呂とは果たしてどんなものになったのだろう?とても期待できる。

巡行の時間と場所が、気になるところだが、18時30分ごろ粟田神社の前を出発し、22時ごろ帰って来ると言う。

18時45分ごろの知恩院前や、19時47分ごろの神宮道などが時間的に可能か?地元の人や、遅くなっても大丈夫な人なら21時〜22時台の白川沿いの柳並木道も幻想的で良いかもしれない。


念のため頂いた巡行路と通過予定時間のマップを貼っておきます。

地点マップ(PC用、携帯au、docomo)

場所名: 粟田神社
住所: 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1

最寄交通機関
市バス:京都駅乗場D1から、100系統に乗りor「東山三条」or「神宮道」。「四条河原町」「祇園」からは46系統が出ています。
電車: 京都市営地下鉄 東西線東山駅下車 東へ徒歩7分



○ 一つになること、継承していくと言うこと。粟田神社納涼ビアガーデンへ行く。

 ○ 一つになること、継承していくと言うこと。粟田神社納涼ビアガーデンへ行く。


今回は大変光栄なことに、粟田神社剣鉾奉賛会の廉屋さんからのお誘いで、粟田神社納涼ビアガーデンへお邪魔することが出来た。


わざわざご用意頂いた席に着くと、大豊神社氏子総代会長でいらっしゃる宮川さん、そして山田さんが快く迎えてくださった。ビールや沢山のおつまみを「いっぱい食べてや!」とご馳走になる。なぜこんなに良くしていただけるんだろう?そうこのきっぷのよさ、力強く感じる誇りと心意気が剣鉾の「鉾差し」を勤める男達のカッコよさだ。

同席させて頂いた宮川さんから、剣鉾を継承するに当たってのご苦労と維持の大変さをお話頂いた。お祭りは年に一度のものだが、それを継承・維持するためには、それこそ年中人々が協力しあい思いを一つにして、続けていかなければいけない。その不断の努力が地域を元気付け、乗り切る力を神様から頂くんだ。


「では、普段からの準備や行事自体が本当にご奉納なんですね、皆さんや地域が良く回るように」と言う私に、ビアグラスをもってカッコ良く笑う宮川さんが「ほんまにその通り!」と大きくうなづいてくださった。

さてこの粟田神社納涼ビアガーデン、剣鉾の皆さんのみならず、粟田神社周辺から沢山の活気ある人々で開催されている。そんじょそこらのビアガーデンじゃあない。子供の頃から色々お祭りは見てきたが、こんなににぎやかで、笑い声が絶えず、参加する老若男女が一つになっている様子は映画の一場面に入り込んだ何かノスタルジックで涙が出そうな懐かしさ。


神社の中央にある舞台では、沖縄舞踊、ハワイアン、よさこい、カラオケ大会。どれもかなり盛り上がって、観客がみんな舞台に向かって拍手をする。一番驚いたのはカラオケだ。お年寄りが上手い!ジャンルが何であれ、観客が合いの手を入れる。沖縄の歌になると突然指笛や「いやささ!」となる。スナックの宣伝をして笑わせてから唄う。アリスの曲で全員が「らいららい」と一緒に歌う。楽しそうに振りつきで「崖の上のポニョ」を歌う小さな女の子達。京都に居ることを忘れ、自分がなぜそこに来て笑っているのかすら忘れてしまうほど楽しかった。

肩をたたきあい、わははと笑いあう大人達、舞台を降りた後も、まだ楽しそうに歌い続ける子供達。
そんな光景はまさに「日本のお祭りかくあるべし!」「これがこの国の本来の姿、神様や人々のつながり」と思わせてくれた。

次の日、六基の剣鉾の一斉点検をすると教えてくださった。いよいよ粟田神社の粟田祭本番に向けて、差し手の皆さんの気持ちに熱く静かな火がともる。


10月に行われる「粟田祭」が本当に楽しみだ。剣鉾は勿論、夜美しく灯される大燈呂(だいとうろ)が巡行に見られる。上下の写真が粟田神社さんに飾られている大燈呂(だいとうろ)「出世えびす」と「合槌きつね」だ。


ご招待くださった廉屋さんにお礼を言い、硬い握手で去りがたい宴をあとにした。
うん、私は微力ながら、この目で京都を見て「沢山の人に京都の良いところを知らせたい」と言う気持ちが更に強くなった。日本人でよかった

それにしても、暑いさなか、お祭りへの景気づけにビアガーデンと楽しいもようしをすると言うアイデアはすばらしい。運営はきっと大変なのでしょうが。
数字で物を見るのを好まない私だが、「ビアガーデン」と言うワードに人が反応する勢いはとにかくすごい。

地点マップ(PC用、携帯au、docomo)


場所名: 粟田神社
住所: 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1

最寄交通機関
市バス:京都駅乗場D1から、100系統に乗りor「東山三条」or「神宮道」。「四条河原町」「祇園」からは46系統が出ています。
電車: 




○祇園祭りの原型といわれる剣鉾が出る、新日吉祭

○祇園祭りの原型といわれる剣鉾が出る、新日吉祭

5/9「新日吉神社(いまひえじんじゃ)」で剣鉾が見れる新日吉祭が行われた。

残念ながら私は行くことが出来なく、シュンとしてしまっていたのだが、関係者の方から「とっても良かったよ!」とわざわざご連絡と写真を頂いた。


どの神社さんの剣鉾にも、長柄の先に見事な飾りと剣がついて、飾りの根元あたりから、重厚な鈴がついている。
新日吉祭の剣鉾には向かい合う龍と波のような形の見事なもの。ぴかぴかに磨かれた剣には上の木の枝や空が写りこんでいる。

古都、京都には、長い年月と沢山の人の努力により、守り続けられるもののなか、同じく復活されるものもある
私が今回シュンとしてしまっていたのは、60年ぶりに復活される新日吉祭の剣鉾が見れなかったからだ。

60年ぶりと言う事は、当然、お若い頃にそのお祭りを見ておられた人々がいらっしゃる。復活を遂げた新日吉祭の剣鉾、その人々の目に映る剣鉾への想いはいかばかりだっただろう?
また、復活に尽力された人々の想いや気合とはどれくらいのものだったのであろうか?


京都の人々のすごいところは、伝統を守ることだけに留まらず、見事に復活させてしまう信念とそれを外に見せない粋な遊び心を持っておられるところだろう。だが実際に実行、成功させるのは並大抵の努力ではないだろう。それはこの「剣鉾」を目で見れば肌で感じることが出来る。

次の写真は5/5「八大神社」の剣鉾の巡行風景である。

中央あたりの男性が「差し手」である。勿論、奥にある電線も巧妙によけての巡行だ。


ちょうど「」の先がしなり、「招き」の状態になっている。このとき飾りのしたにある重い「」がぐるっと長柄の周りを回り、涼しげな音がなる。差し手には結構な加重になるのだろうが、観客からは「わ〜!」と歓声と拍手がなる。

地点マップ(PC、携帯au、docomo)

場所名:新日吉神社
住所:京都府京都市東山区妙法院前側町451−1‎

最寄交通機関
市バス:京都駅乗場D1から100系統または、乗場D2から206、208系統で「東山七条」下車、京都女子大学方面へ徒歩数分
電車:京阪電車「七条」駅下車東へ徒歩15分程度。



○祇園祭りの原型といわれる剣鉾が出る、大豊祭

祇園祭りの原型といわれる剣鉾が出る、大豊祭を見てきました。

以前からこの目で見たかった「剣鉾」が7基でる「大豊祭(おおとよさい)」へ出かけた。巡行するお祭りには出会える場所や、タイミングもあるだろうと色々調べてみると、とある情報から「南禅寺」の門前で撮られた過去の写真を見たので、私もそれを参考に行ってみる。

今年は大豊神社から少し下った「御旅所」を10:30ごろ出発した様子。巡行路詳細を知らない私は「南禅寺」の門前で静かにお祭りの音に耳を澄ませる。今年は寒い4月だったかと思えば、5月に入ったばかりのこの日はすでにジリジリと暑く感じる。時間とともに内外からの観光客が増えてくる。


20分ほど待っただろうか?遠くから馬の蹄の音がゆっくり近づいてくる、その良く通るコツコツと言う音の後からぼんやりと来る太鼓の音もだんだん近くなってくる。じっと門を見ていると、人の頭一つ分上辺りに目の綺麗な馬の顔が覗く。見物客も、偶然通りかかった観光客も一斉に歓声を上げる。


馬の後を御稚児さん、御神輿、そして剣鉾だ。剣鉾は見ている人々も引き込まれずには居られない。たとえが適当ではないが、まるで子供のころ掌で長い棒を持ち、落ちないように歩く友達を見ていたときのようなハラハラしながら、応援したくなる感覚だ。


がしかし、これは本気のお祭りで、見事な剣鉾の装飾と鈴がついた重い柄を差し手と補助をする人が入れ替わり立ち代り絶妙なバランスでまっすぐ天へ向かって差す。それも腰から前にぶら下げる帯のようなものに上手く掛ける。その体勢になるまで見事な連携と掛け声で息を合わせて、豪快に持ち上げる様は京都にもこのような勇壮なお祭りがあったのだと思わせてくれた。


まっすぐ差された剣鉾は、その高さにある、松の枝や電線などを巧みに交し、その交し自体が見事な舞のように見えるため、またも人の拍手と喝采を呼ぶ。実に勇壮で痛快なものだ。


見事にバランスを取るだけでは面白くないとばかりに、更に柄を足腰から揺らし、そして剣先を揺らし、涼やかな鈴をリンと鳴らせば、粋な祭列が競うように同じ動きをするから面白い。
差し手のお一人から以前、剣先を揺らすことを「剣先が招く」と言うと教えて頂いた。

百聞は一見に如かずとはこのこと、実際に見て本当に感動した。

5月中もまだまだ剣鉾を見れるお祭りがあるので、チャンスのある人は是非見ていただきたい。

ここに予定表を張っておきます。



○剣鉾祭りのお話を2

今度こそ、本当にコートはしまっても大丈夫だろうと思いながら、寒い四月が過ぎていった今年の春なのですが、京都には春のお祭りの時期がやってきました。
いよいよ、本当に剣鉾を見れます。ずっと秋だけのものだと思っていたので、楽しみです。

画像は以前カドヤ作業服店さんにふらっと立ち寄った際、ご主人の廉屋さんに特別にと、見せていただいた剣鉾用の羽織。友禅の絵師による鶴の絵。珍しくカメラを忘れてしまい携帯で撮らざるを得なかったのが残念。友禅特有の白がなんとも言えない濃淡で神秘的な光を放っているかのように見えました。
創るなら、末代まで残せる逸品にと信念をこめて沢山の人の手によって創られています。
そのような心で創られてきたこの剣鉾と言うお祭り、ようやく見せていただくチャンスが近づいてきました。

剣鉾は奥が深く、流派によって「差し方」が違ったり、相互の交流があったりするそうです。色々のお話をお聴きして、想像してきて来ましたが、百聞は一見にしかず。

以下、「粟田神社剣鉾奉賛会」の廉屋氏からお知らせいただいた剣鉾が見れる春のお祭りの日程です。粟田際は秋に行われますが、すでに粟田の剣鉾の方達も数人参加されるそうです。

場所やマップは筆者の調べであり、実測踏査の結果ではありませんので、見に行かれる方は今一度ご確認のうえ。

5/4「大豊神社」
場所:〒606-8424 京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
アクセス:京都駅から市バス100系統、四条河原町から32系統で「宮ノ前町」下車→西へ徒歩約10分
地点マップ

5/5「八大神社」
場所:京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町「安楽寺と同じ場所?」
アクセス:京都駅から市バス5系統、「一乗寺下り松」より徒歩7分(運賃均一区間外)、叡山電鉄では「一乗寺駅」
吉川英治の小説「宮本武蔵」で一乗寺下り松の決闘の場所ってここなんですね〜。
地点マップ

5/9「須賀神社」
場所:京都市左京区聖護院円頓美町1
アクセス:京都駅から市バス206系統、四条川原町などの方面からは201系統、河原町丸太町などの方面からは202系統で「熊野神社前」より徒歩3分

5/9「新日吉神社(いまひえじんじゃ)」
場所:京都府京都市東山区妙法院前側町451
アクセス:京都駅から市バス100または206系統、「東山七条」下車、西(智積院や京都女子大)へ向いて数分
地点マップ
今年が戦後初めての剣鉾となるそうです。これは何か、念願かなって復活!見たいな感じでしょうか?見ものです。

5/16「下御霊神社」
場所:京都府京都市上京区新烏丸通丸太町下る信富町324
アクセス:京都駅から市バス205系統、「河原町丸太町」下車、西へ徒歩約5分
地点マップ

5/23「嵯峨祭」(愛宕神社御旅所(清涼寺前)、野宮神社)
場所:京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町
アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分
地点マップ
嵯峨のいったいを練り歩かれるそうですが、一応「野宮神社」をポイントにしておきます。
見たことが無いので、すいません。しかし、歴史も古く、規模もかなりすごそうな観じ。松尾芭蕉も見たとあります。



○剣鉾祭りのお話を

○剣鉾祭りのお話を

私は、知らない土地へ行ってお祭りを観れば、その土地の人々の生き様や心意気が見えてくるのだと、気づいてからは、あちらこちらのお祭りに興味を持ち始めました。


さて皆さん、京都のお祭りなら祇園祭と答える方が多いと思いますが、同じくらい古くからあり、体力・技術・精神力を駆使し勇壮にステップを踏み、大きく長い「」をもち練り歩く京都のお祭りが「剣鉾」です。
長さ7mほどの重そうな「長柄」の先に「鉾」を着け、その下に綺麗な飾りと、さらに重そうな「」をつけて巡行するそうです。これはぜひともこの目で見ないと!

諸説あり、祇園祭りの原型といわれる方もいらっしゃれば、独自のものであるといわれる方も。また途中で分かれてそれぞれが発展したとも。
明らかではなさそうですが、それも其のはず、実際に確認されているのでも、869年貞観11年と言う伝統を持ち、
すでに鎌倉時代の屏風絵「洛中洛外図」にも描かれています。

今回は、ひょうんなご縁から、「粟田神社剣鉾奉賛会」の主要メンバーでいらっしゃる廉屋皓三(かどやこうぞう)さん『カドヤ作業服店ご主人』に直接お話をお聞きし、大変興奮です。お話の中で、「鉾を差す」、「剣先が招く」、「鈴がなる」という言葉が出ていました、これは実際に見て味あわないと解らない「醍醐味」の部分に違いない!


これが鈴?これまた偶然にも、廉屋さんにお話をお聞きしにいった際にこられた、お仲間の北村さんが、持ってこられた鈴です。骨董屋さんに出ていたものを偶然にも見つけられ買い取っていらしたもの、江戸時代に使われていたもので、不思議なのは、数百年巡り巡って、実際に剣鉾をになう廉屋さんや、北村さんの手元に鈴の方からも戻ってくるというところです。

廉屋さん曰く、
神様からの大切なお預かりものなので、15年やらせてもらっても、緊張と、倒してはいけないと言う恐怖心のようなものがすぐにはぬぐいきれない。
特に初めて「差す」方には緊張や恐れが気持ちを占領する前に持ってもらっているそうです。とても深いお話。


後日、廉屋さんからわざわざお手紙で「粟田神社大祭だより」、「粟田神社剣鉾奉賛会タオル」、そして「粟田神社剣鉾の練習日日程」等を頂戴しました。感謝。

因みに、粟田神社剣鉾奉賛会さんには練習会があるそうです。勿論私もみに行って次回様子をお伝えする予定です。
平成22年練習予定、午後7時半〜9時半まで。
3月24日(水)、4月14日(水)、5月12日(水)、5月26日(水)、6月9日(水)、6月23日(水)、7月14日(水)、7月28日(水)、8月1日(水)、9月8日(日)、9月22日(水)、9月30日(木)、10月1(金)、10月2(土)、10月3(日)、10月4(月)、10月5(火)、10月6(水)、10月7(木)、10月8(金)、10月11(月)、10月17(日)、11月10(日)、11月24(日)

剣鉾は今でも脈々と生きている京都の祭事でありながら、京都の財産であり、毎年その神社の氏子さん達は勿論、観光にこられた人々が見て、喜んで、心に焼き付けて帰る大切なものなのです。
このようなものを、復活させたり、受け継いでいくことは、今日明日に叶わぬ事、並大抵のことではできないはずですが、それを何とか実現していく京都の人々の心意気が根っこにあるから、この京都は強くて柔軟で、美しくなりえたのでしょう。

いや〜観たい!粟田神社の様子も次の機会に。
お話をお聞かせくださった、廉屋さん、北村さんに感謝。

地点マップ(PC用、携帯auでは開いた、docomoはどうかな〜)

場所名:粟田神社
住所:粟田神社社務所 〒605-0051 京都市東山区粟田口鍛冶町1番地

最寄交通機関
市バス:京都駅から、100系統「神宮見道」下車徒歩5分
電車:京都市営地下鉄 東西線東山駅下車 東へ徒歩7分

| 1/1PAGES |

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM