■ 京都見る歩く(琵琶湖疏水と其の周辺)Vol.1 田辺朔郎先生の銅像

京都見る歩く(琵琶湖疏水と其の周辺)Vol.1 田辺朔郎先生の銅像とインクライン

12月16日、前から気になっていた琵琶湖疏水のいろいろについて、知りに行って来ました。

【田辺朔郎先生情報】
田辺(田邉)朔郎 (たなべ さくろう)先生は、およそ120年前、工部大学(後に東大工学部に編入)を卒業してまもなく、弱冠23歳にして「琵琶湖疏水開通」と言う一大事業に尽力された、若き土木技術者であり、後の日本に真の近代化をもたらす魁となられた人です。

【行き道】
地下鉄東西線、京都駅(国際会館行き)→烏丸御池(六地蔵行き)→蹴上駅


で右の蹴上交差点側へ下るとすぐに「ねじれまんぽ」です、トンネルを作るときレンガをねじって積んでいるそうです。入り口上には、当時の京都府知事を北垣国道筆による「雄観奇想」(見事な眺めと、優れた考え)という言葉、なるほど、新しい京都を作る為に必要な心意気です。


【目的地】
ありました、これが「田邉朔郎像」です、見据える其の先は、向かいの蹴上発電所です。
彼の、実測踏査(じっそくとうさ=自分で見に行って調べてくる)、その真摯で熱意ある取り組み方を先人の心構えとして覚えておきたい。


公園の更に奥には蹴上舟溜まりの水門、紅葉が綺麗です。水は蹴上舟溜りからパイプを取って蹴上発電所へ。


なるほど、この蹴上舟溜りと岡崎まで下った、南禅寺舟溜りの間、落差30mで一度水は発電にまわされ、物資を運ぶ舟は、この線路のような「インクライン」を滑車に載せられて、上り下りしていたわけですね。


インクラインの中間、蹴上交差点から少し下ったところに、未だ稼動している蹴上発電所を横目に更に下ると、
琵琶湖疏水記念館と「京都市動物園」に隣接する舟溜りです。

明治維新、帝都遷都後、それに伴い京都の文化や経済を動かしていた人々も居なくなり、衰退の一途をたどろうとしていた古都京都に近代化の恩恵をもたらせてくれたのは、この琵琶湖疏水であります。
物資の運搬や飲み水の確保だけではなく、水力発電と言う新しいエネルギー確保をすることにより、手工業が機械化され、日本初の市電も走らせました。水と運河の確保だけではなく、100年先の未来のために!と渡米し発電所視察に行ってきたのも田邉朔郎先生であります。

熱くならずには居られない・・・。次は琵琶湖疏水記念館に行ってみよ。それは次の講釈で。

田邉朔郎像地点マップ(PC用、携帯auでは開いた、docomoはどうかな〜)

場所名: 田邉朔郎像
住所: 京都府京都市東山区東小物座町付近

最寄交通機関
市バス:地下鉄東西線がお勧め
電車:京都市地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩数分

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM