■ 京都見る歩く(洛東編)Vol.3 境内で見つけたもの 真如堂

 ■ 京都見る歩く(洛東編)Vol.3 境内で見つけたもの 真如堂 色々つながる京都、見つける不思議。



真如堂の本堂やお庭をガイドしていただいた後、「お〜っ」と声を上げてしまうものを見つける。



フランスでリュミエール兄弟がシネマトグラフ(映画)を発明(1895)し二年後には実業家「稲畑勝太郎(1862〜1949)」氏により日本にもたらされ、初めて上映されたのが何を隠そうこの京都であったそうな。1908年には稲畑勝太郎の同級生であった横田永之助氏(後の日活社長)が牧野省三氏(マキノ映画でお馴染みの)に依頼し映画製作が始まったという。


なんと一作目「本能寺合戦」を撮影したのがこの「真如堂」境内だったとか。


この碑は京都で映画が作られて100年を記念して建立された「京都・映画誕生の碑」と言うわけです。
建立にあたっては芦屋小雁さん、佐久間良子さん、松方弘樹さん、三田佳子さん、里見浩太郎さん、津川雅彦さん、長門裕之さんなどの大御所俳優さんや、池坊由紀さん、市田ひろみさんなど京都でご活躍のすごい人々のお名前が刻んであります。



そういえば、ここへ来る数日前「京都府京都文化博物館」でとても惹かれて買った「Interview 映画の青春」(映画日本上映100年記念出版 京都府京都文化博物館 編)を思い出した。

あらかんこと嵐勘十郎、市川右太衛門、田中絹代、板妻こと阪東妻三郎の映画秘話を語るインタビューが書かれた本だ。あらかんの「明治大帝と乃木将軍」や、板妻の殺陣(たて)に見え切りなんかはしびれますな!無法松の一生なんかは、全作良い。因みに私は高峰秀子派。あの無法松は三船敏郎さんだったか・・・。



(琵琶湖疏水記念館常設展示図録より)
もう一つ後で、「へ〜っ」っと関心してしまったのは(撮れなかった)「元三大師堂の前にある石灯籠」だ。それは京都の近代化を進めた琵琶湖疏水の工事総責任者である「田辺朔郎」先生への感謝をこめて地元、北白川の人々が贈った物だそうな。琵琶湖疏水については、京都を歩きだした頃からその国家一大プロジェクトと京都の人々の底力、気位を見せられたような思いで、良く調べに行ったものだ。


洛陽三十三所観音巡礼に来て、ここ真如堂境内で京都の文化力や近代化の歴史の足跡にまとめて再会するとは、なんともうれしい偶然。



そのほか、文化財指定の「三重塔(法華塔)」や本堂裏などは、居るだけで心の澱(おり)が抜けていくような癒しの風景がいっぱい。



本堂の裏手。



池の中島には八臂(はっぴ)―八本の手を持つ―「赤崎弁天」がお祀りされている。


京都が好きなら是非一度この真如堂にも行っていただきたい。きっと満足していただけるはず。


地点マップ(PC、携帯au、docomo)

場所名:真如堂(真正極楽寺)
住所:〒606-8414 京都市左京区浄土寺真如町82

最寄交通機関
市バス:阪急四条河原町駅前、京都駅前A1乗場から5系統、A2乗場17系統で「真如堂前」下車徒歩10分、京都駅前D1乗場から100系統「錦林車庫前」下車徒歩10分
電車:

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM