■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.9 青龍寺

 ■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.9 青龍寺(せいりゅうじ) で歴史に出会う。


洛陽三十三所観音巡礼「第九番札所」の青龍寺(せいりゅうじ)へ行く。

「東山安井」バス停で降り少し南へ下ると高台寺や坂本龍馬・中岡慎太郎両先生のお墓でも知られている「京都霊山護国神社」へ登る道。石の鳥居が目印だ。高台寺へ続く道の手前右側にひっそりとあるのが「青龍寺」だ。

ご詠歌「ありがたや まよいのくもは おこるまじ せいりゅうじより かへるさのみち」
ご本尊は「聖観音菩薩」。この菩薩様の物語もユニークで面白い。遠い昔、唐の国は徳宗皇帝の御世。その唐である日天変地異が起こり、海中から「香木伽羅」−これって高価な木、御香の原料とか−が引き上げられたという。こりゃありがたいに違いないと思った徳宗皇帝は大事にその香木伽羅を御殿に納めると、その晩皇帝の夢枕に立たれた観音様が、「唐と東の国はとっても信仰深いので、香木として現れた、今から二つになるから、一個日本に送ってあげなさいよ」とお告げをされたそうな。良い!私はこの仏様がスプリットしてお増えになると言う話が大好きだ。

そんな親切な唐の皇帝から香木伽羅を受け取った桓武天皇は早速、伝教大師(最澄)に観音様を彫らせたのがこの青龍寺の聖観音菩薩様だそうな。
さて境内のお庭で草抜きをしておられたお寺のお母さんにご朱印を頂いている間、観音様のお堂にお参りし、小さいけどとても宇宙を感じさせるお庭を眺めさせてもらう。お庭では良い感じの苔の島に大きな木と岩がとても自然に配置され、岩の中には化石木―木が化石化したもの、あんな大きさのもの初めて見た―があり、まるでここから生えた木がそのまま化石になったように見える。

お寺のお母さんからご朱印帳を受け取る。「お母さん、良いお庭ですね〜僕お庭大好きで」。すると「うちは小さいお庭だけど珍しい石があったりね〜」とお母さん。「あの木の化石もすばらしいな〜、ところで、あの大きな碑で近藤さんのお名前がありますがひょっとして・・・・」とお聞きするや、

「あ〜そうそう、今龍馬伝に出てはる近藤正臣さんのひいおじいさんでね・・・・」
とお話を詳しくお聴きすると、時は安政の大獄、江戸幕府の大老井伊直弼らが「日米修好通商条約」に独自で調印したことに反発した尊皇攘夷派の志士たちを弾圧し吉田松陰、橋本佐内など100人以上の人々を牢へ入れ、数人は極刑にされた。其の中のお一人にその「近藤正慎」氏が居て、彼は西郷さんと、交友のあった清水寺の僧侶「月照(げっしょう)」さんを京都から逃がしてあげ、証文も全部焼いてから投獄されたそうな。

NHKの番組でもこの近藤正慎さんのことを、ひ孫でいらっしゃる近藤正臣さんが語っておられたのを後で知人に見せてもらうことが出来た。
絶対に同士のことをしゃべりたくない近藤正慎さんは、後ろでに縛られ自刃も不可能なため、自分の舌をかんで牢獄の木格子に頭をぶつけて噛み切って壮絶な亡くなり方をされたと。

洛陽三十三所観音巡礼でも色々な歴史に出会ったりするので、楽しい。そして京都は歴史を知るほど、歩くほど、それらがつながり折り重なっていることを実感し、感動してしまう。

親切に色々をお教えくださったお母さんに感謝です。因みに青龍寺さんのお庭は一般に公開はされていないので、くれぐれもご注意を。洛陽三十三所観音巡礼のご朱印を頂に行き写真は許可を得て撮らせていただきました。

地点マップ(PC、携帯au、docomo)

場所名: 青龍寺
住所: 〒605-0824 京都府京都市東山区下河原町通八坂鳥居前下る三丁目南側411(高台寺山門前)

最寄交通機関
市バス:京都駅前乗場D1から100系統、乗場D2から206系統で「東山安井」下車、徒歩5分程度
電車:


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM