■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.16 泉涌寺

 ■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.16 「第二十番札所」 泉涌寺へ行く


え〜、毎度この泉涌寺へ参りますと、東山通りから「泉涌寺道」を少し上った山門から、両脇を美しい木立で囲まれた坂道をおよそ300メートルほど上りますが、その上っている時から既に心が穏やかになり始めるんですね。参道とは良く言ったもので、その心静まる坂道を上るところからお参りがはじまっている。

何時も人で賑わう東山でも、ここ泉涌寺方面はそれほど華美ではなく、それでいて凛として穏やか。それもそのはず、この泉涌寺、700年以上前から歴代天皇の菩提寺とされ、今でも御皇室のご法要・参拝が行われている由緒あるところ。総門の看板には「御寺(みてら)泉涌寺」と書かれているのはそのためでしょう。


今日はやっと泉涌寺に入れる。本当に綺麗なところで、タクシードライバーさんも「静かで綺麗で京都らしいところ」と希望されるお客さんにここを勧めるそうな。その中にはやんごとなき方々、芸能人もこられ、とても感動して帰っていかれるとお聞きします。


門をくぐったとたんに感じるこの心洗われる穏やかな感じ、でも早く観て廻りたいという気持ちを抑えて、今日の目的洛陽三十三所観音巡礼を。


向かったお堂は「楊貴妃観音堂」、ここも枯山水のお庭が心地よく、落ち着いた若い女性が数人。なるほど〜楊貴妃の美貌にあやかるって分けですね〜。
楊貴妃は唐の玄宗皇帝のお妃にして絶世の美女。玄宗皇帝が亡き楊貴妃をしのんで彫らせたものが1255年に唐からやってきたのだとか。ここではしっかりご尊顔も拝見でき、とても女性的な観音様と言う印象。「楊貴妃観音(重文)」も700年間このお寺とともに秘仏でありました。

それにしても珍しいのは歴史上の人物が観音様になっていること。そういえば、洛陽三十三所「第六番札所」の金戒光明寺でお参りしたのが「大仏開眼」でお馴染み?の吉備真備(きびのまきび)がお祀りされている「吉備観音」も唐と深い縁があります。


「楊貴妃観音」様に手を合わせてご朱印を頂に行きます。納経所は泉涌寺のシンボル、「仏殿・舎利殿」を通り本坊へ。


ご朱印を頂いた本坊はそのまま皇室がお休みになる「御座所」への拝観入り口に。写真でお伝えすることは出来ませんが、文化15年(1818)明治天皇により、御所から移築されたもので、中にはすばらしい唐絵、大和絵に彩られた襖やテーブルの部屋がいくつもあり、それぞれ侍従さんや、皇太子様、天皇陛下が御成りになる特別な場所になっています。

室内もすばらしいですが、なんと言ってもお庭。本当に黙りこんで、余計な雑念が見事なほど静かになってしまいます。普段ナショナリティー(なにじん?)を意識しない私ですが、こういうお庭に出会ったときには「あぁ日本人でよかった・・・・」と思ってしまうのですね、これが。

JR東海のポスターにあるように、「700年も閉じられていたお寺・・・この時代に生まれてよかった・・・」と。本当にそう思わせてくれる何かがありました。それは行って見なけりゃわかりません。

さて、泉涌寺には、「迷いの窓」・「悟りの窓」で有名な別院の「雲龍院」がありますので、そちらにも足を運んでみますが、詳しくは次回の講釈。

今回は巡礼で訪れてますので、徒歩ですが、「じっくり楽しみたい」、「京都のほかの場所にも行きたい」という方には思い切って、京都駅から、もしくはJR東福寺駅から大きな通り(本町か東大路)へ出てからタクシーで行かれるチョイスもありだと思います。

総本山 御寺 泉涌寺
拝観時間:9:00〜16:30 (Open)
駐車場:20台(無料)(Free Parking Lot)
拝観料:伽藍拝観500円(Ordinary Admission) ・特別拝観「御座所」300円(Limited Admission)

地点マップ(PC、携帯au、docomo)


場所名: 総本山 御寺 泉涌寺
住所: 〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町27

最寄交通機関
市バス:京都駅から乗り場D2の208系統に乗り「泉涌寺」下車徒歩15分
電車:電車:JR・京阪電車「東福寺」下車徒歩25分

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM