■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.17 法性寺

 ■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.17 「第二十一番札所」 法性寺で歴史絵巻を垣間見る。


え〜、京都には自分の足で歩いて、観てまわり、人に尋ねて聞いてみると「えっ!」っと驚く歴史が隠れていたりしますね。一つの事実に触れると、証明するかのようにその証拠を示すものに誘われる。まるで吸い込まれて行くような摩訶不思議な感覚。


無常にして悠久とも言うべきか都の歴史絵巻をこのお寺で垣間見ることになるとは、思ってもみなかった・・・。


洛陽三十三所観音巡礼・第二十一番札所「法性寺(ほうせいぢ)」はJR・京阪「東福寺駅」からは南へまっつぐ5分、市バス「東福寺」からも東福寺交差点の橋の脇道へ入り線路沿いを3分。巡礼をしますと時々見かける小さなお寺でもって、インターフォンを鳴らして「洛陽三十三所の巡礼でまいりましたぁ」と門を開けていただかないとご朱印やお話をいただけない。

通りがかりのお母さに「インターフォン押した?下のやっちゃでぇ」と教えていただく。

お出迎えいただいたのは、小さくて可愛いおばあちゃん。どうやらこのお寺のご婦人らしい。「お忙しい中あいすみません」と、「はい、これへお座りっ」と玄関兼縁側に敷いていただいたお座布に腰を下ろし、差し出された小さなお盆にご朱印帳をお預けする。


待たせて頂く間、法性寺の縁起を記した駒札を読む。実に由緒あるお寺です。
延長3年(924年)に藤原忠平が藤原家の氏寺として建立。うん古い。それから繁栄を謳歌する八代後の藤原忠道が同寺にて入道する頃には、なんとぉ〜、百棟を数える大伽藍となり、京洛二十一ヶ寺の一つに数えられる大寺院だったとか。

え?それってどれくらい大きいんだろう?だとしたら、現存する京都の大寺院がまだ小さく見えたはず。などと思っているところへ、ご朱印帳と小さなお盆に、麦茶とあめちゃんをのせて、「はい、お粗末ですが。これお茶とあめちゃんもおあがりっ」と運んでくださった。うれしいですよねぇ、こんなお気遣いには、涙が出る。


「ところでお母さん、こちらは藤原氏とゆかりをお持ちなんですねぇ」とお聞きすると、藤原時代の法性寺の大きさたるやっ!「西は鴨川から東は東福寺がすっぽり入るくらいでしたんやで。」京都をじっくり歩いたことのある方ならお解かりでしょうが、少し土地勘がある私でも一瞬気が遠くなるほどの広さ。こりゃもうお寺ではなく、一つの街?おそらく端から端は見えなかったのでは?

う〜ん、藤原氏ってすごい、いや、もっとすごいのは、そんな時代と歴史の潮流を越えて、今私が法性寺のお母さんにお話をお聞きできること。残し伝えることのすばらしさ、大切さを再確認します。

前後しましたが、こちらの観音様は、珍しい二十七面千手観音にして国宝に指定されています。残念ながら今は直接拝見することが出来ませんが、玄関から手を合わせます。
ご詠歌「かれきしに みのりのふねの ほうぜいぢ しょうぢのうみを やすくわたせる

お母さんと小一時間、この国の行く末などについてお話しました。「あなたのような若い人が、元気に長生きして、人のお役に立ってくださいね」とお言葉を頂き、私も「お母さんも、いつまでもお元気で観音様をお願いいたします。」とお伝えし、両手を着いてごあいさつ。門を出る私が見えなくなるまで、見送っていただきました。※法性寺はご法事や三十三所観音巡礼など純粋にお参りとして行くところです。行かれる際は特に礼節をもって行きましょう。

この後、帰ろうと思いつつも何かに呼ばれるように東福寺の山門付近へ、そこで見つけました、法性寺のお母さんが話してくださった歴史の一幕。
「東福寺の地は、延長2年(924年)の頃、摂政関白藤原忠平公が創立した法性寺の大伽藍があった処である」
同聚院(どうじゅいん)五大堂 十万不動明王由来より。

法性寺
拝観時間:9:00〜16:00 (Open)
駐車場:6台(無料)
拝観料:無(Admission Free)

地点マップ(PC、携帯au、docomo)

場所名: 法性寺
住所: 京都市東山区本町16丁目307

最寄交通機関
市バス:京都駅から乗り場D2の208系統に乗り「泉涌寺」下車徒歩5分
電車:JR・京阪電車「東福寺」下車徒歩5分

コメント
事前に予約をして、本尊の拝観ができる。
ただし、その時には寸志をお渡しすること。
決して「拝観料」が無料のわけではありません。
あなたの場合はご朱印を頂いただけなので「拝観料」に類するものがなかっただけです。
誤解される方もいらっしゃるので、「無料」は削除した方がよいと思います。
  • かずお
  • 2010/12/06 1:46 PM
「かずお」様
ご指摘有り難うございます。
因みに平成三十三所観音霊場会発行の「京都を歩こう洛陽三十三所観音巡礼」の冊子には「拝観料 無」と記述されていますので、今後はそれに習いたいと思います。
そして「かずお」様のおっしゃる通りお寺にお参りの際にはお気持ちを置いてくるのが良いですよね。
書き込み有り難うございました。
  • morichan
  • 2010/12/06 2:59 PM
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM