■ 京都見る歩く(洛陽三十三所観音巡礼)Vol.24 平等寺(因幡堂)楽しげな時が流れる不思議なお寺

今日は洛陽三十三所観音巡礼第二十七番札所「平等寺(因幡堂)」を訪ねる。


市バス「烏丸松原」で降り京都銀行を背にすれば、すぐ分かりやすく寺の参道にある大きな常夜灯が目にはいる。裏側に「安政四年八月・明治廿五年九月再建」とある。ここは京都の主要道路烏丸通り、当然都会の賑やかさの真っ只中。しかしひしめくビル群にも負けないぐらいの存在感。平等寺(因幡堂)の敷地の分だけ高い建物がすっぽりと抜けたように空が広く見える。

寺をぐるりと囲むように道路がありこの一角には高い建物が無く爽快だ。江戸中期の因幡堂境内の図を見ると周りのビルやマンション群も広範囲に渡って寺の敷地だった様子がわかる。


平等寺「因幡堂縁起」の駒札を読む。むかし、むかし、因幡(今の鳥取)の国司・橘行平(たちばなのゆきひら)が任期を終え京に帰る途中、夢のお告げに従い因幡賀留津(がるつ)の海中から引き上げ安置した薬師如来像が行平を慕って飛んできたという。男前(に違いない)の行平は長保五年(1003)自宅を改造して是を手厚く祀ったという。「因幡堂縁起」(東京国立博物館蔵)


この「情」をくすぐる縁起は天皇から一般庶民にいたるまで愛され深く信仰された。後の承安元年(1171)に高倉天皇いより「平等寺」と命名されたそうな。因みにこの如来様、「嵯峨釈迦堂」「信濃善光寺」と並ぶ「日本三如来」に数えられる在り難いもの。

ご詠歌「まよいいで ここはいなばの ひがしむき こころはにしへ はこびぬるかな」


十一面観音様にお参りする。こちらは毘沙門天、不動明王像、役行者などの真ん中にちょこんと仲良くおずしに座った2体の十一面観音様だ。こうしを覗くと開かれた厨子にかけられた錦の覆いの間から、体半分ずつがみえる。

昔は町衆の寄合や狂言の上演でにぎわったそうな。京都では壬生狂言などが有名だがこの因幡堂での狂言ば演目名がその「因幡堂」。つまり物語の場面や内容がはっきりと特定でき曲名になっている物として珍しく、内容がまた面白い。


狂言「因幡堂」を簡単に云うと、ある男が酒呑みの妻が嫌で、実家に帰し離縁状を送りつける。男はこの因幡堂の薬師如来に「如来さま〜どうか私に新しい妻を取らせておくれやす」と夜通し祈っている。それを知った酒呑み妻は腹を立て、お告げの如く「西門に立っている女を妻にせよ〜」と言ってから、ダッシュで西門に向かい衣で顔を隠し立ち尽くす。大喜びした男は早速祝言を挙げ盃を交わす時、衣をはずすとそれはあの酒呑み妻だったので「なんでぇ!」と腰を抜かす。
参考文献「狂言における因幡堂の位相」by林和利(名古屋女子大学教授)


ご朱印を頂きしばし本堂前の椅子に座る、もう一人の若い女性がご朱印をもらっていたが、ご朱印帳にあの陰陽道の牛蒡星の刺繍が・・・、ほしいなあれ。不思議と本堂の前の椅子に座りいつまでも居たい心持ちになる。それはきっと昔からこのお寺が人々が集まりガン封じのお祈りや、寄り合いに狂言など楽しい時間への人々の思いが沢山残っている場所だからに違いない。

地点マップ(PC、携帯au、docomo)

場所名: 平等寺(因幡堂)(Byoudouji Temple)
参拝時間:8:00 17:00(Open)
参観料:無(Admission Free)
駐車場:無(但し境内に3台駐車可)
住所: 京都市下京区松原通烏丸東入因幡堂町728

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【市バス】京都駅乗り場B4から26系統「北野白梅町経由 御室 山越ゆき」または乗り場A1から5系統「平安神宮 銀閣寺経由 岩倉操車場ゆき」に乗り「烏丸松原」下車徒歩2分
【電車】阪急「烏丸」駅下車徒歩5分、地下鉄烏丸線「四条」駅下車徒歩5分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM