□ 河内近郊ー恩智城趾と桜と楠

今春は寒暖差のため、季語では初春とされる梅と晩春とされる菜の花が同じ畑に咲くという景色を見た。目には美しいかも知れないが、病臥より這い出したばかりの私にはとてもこたえた。3月下旬に入っても気温の差異で今度は梅と桜が入れ替わり、近所の染井吉野は今日3月30日、正に満開だった。


勿論、桜が並木となって開花する姿は美しいが、目に映る如くに、写真に撮ろうと思うとなかなか難しい。遠くから見るとピンクが鮮やかではあるが、近寄ると思いの外白い。光の加減や自分の目線など、そんなことで色や印象が大きく変わる事に気づかれる方も多いだろうと思われる。
「なるほど、桜ちゅうもんは実物も良いけど、心象風景にこそ優雅に咲くもんかもな・・・」そんな事を独りごちると、ふと、また私の心はこの地の歴史に遊びに出ようとする。

約40年程前になるが、私はその頃大阪の北端に在る島本町水無瀬と言う所に住んでいた。その町をほぼ南北に通る国鉄(現JR)の線路と、京から天王山の裾である山崎、高槻を経由し兵庫の西ノ宮に至る、西国街道に挟まれる様にして「桜井駅跡」と言う、鎮守の森的様相の史跡があった。
「駅跡」と言うは、鉄道の駅ではなく、古代律令制の時代に制定された30里ごとに馬を乗り継ぐところの「駅」の事だが、地元の人々はその森を「楠公(なんこう)さん」とよんでいた。

母は屡々(しばしば)幼い私の手を引いて、そこへ散歩に出てくれたが、そこは彼の楠木正成公が延元元年、1336年、京に攻め入る足利尊氏軍迎撃に向かう途上、息子・正行(まさつら)に遺訓を残しつ「さらば河内を頼むぞ」とばかり今生の別れをした場所である。

※(写真はJR島本駅開業記念に地元の酒屋さんからの依頼で作ったお酒のラベルの試作。
子別れの像は今もJR島本駅に半分、土地を分けて桜井駅跡にある。)

その件(くだり)は『太平記』の「桜井の別れ」として、室町時代から物語僧や講釈師によって広められている。
  楠木正成は畿内の要所である摂河泉(せっかせん)、つまり摂津、河内、和泉を守護していた。
 さて、その河内に今の私は住んでいる。移り住む頃初めて最寄り駅に降り立ち、最初に目にとまったのが、此の地に関する由緒書である。手作りだが立派なもので、それを読み何やらご縁めいた感じ、同時に敬服の念を抱いた。
以下にその由緒書を心からの敬意と共に謹んで記したい。

  「恩智左近満一は楠木正成公の八臣の一人で恩智の豪士墓は御廟と呼ばれ恩智城趾を望んで建碑さる この現在位置より東方四00mの高台に大樹を傘に廟のあり左近満一ここに眠る」

※(写真は恩智左近御廟2011年)

  「恩智の桜(九桜(きゅうおう))一株に九本の幹が出て桜が咲き人集まりて九桜と名付く 恩智城趾に桜を植え九桜の名を今に残す 城趾の桜は現在位置より東方五00mの高台にあり見事の一言につきる 眼下の眺めも又格別である」

※(写真は2009年の恩智城趾の桜)

「あー、引っ越した先が、楠公さんのお味方の領内かー。」と勝手ながらご縁を感じた。又、私の住む町内は「神宮寺」とよばれ、ここが八臣のもう一人、神宮寺小太郎が治めた地である事も何か気分が良い。
 歴史に興味を持ったのはここ数年の事なので、「南北朝時代」や『太平記』については、恥ずかしながら勉強不足なので、追っ付け知って行きたい。

 以前にも触れたが、恩智左近と言う豪士は社家(しゃけ)の出で、いよいよ本格的な武装が必要な時勢になり、この地の高台に自然の地形を利用した城郭を設けたが、自分の家が代々司る恩智神社よりも高く位置したため、「神への不敬よろしからず」と、さらに上の山中へと神社を移したと言う。

※(写真は天王の森の桜、近鉄恩智駅から神社への道。その昔ここに恩智神社が在ったそうな。)

当たり前と思われるかも知れないが、そうした恩智氏の家風と恩智左近満一と言う男の人となりに、忠心の篤さと言うものが在ったと想像しても、良いのではないかと思う。

又、神宮寺小太郎であるが、「神宮寺」とは神社に付属するように置かれた寺であり、上代より、社家に生きた人々の菩提を弔う役割もあったことから、或は、神宮寺氏はその家系でり、恩智左近と神宮寺小太郎の墓の近さからも、彼の時代、隣り合った荘にいた二人の男が一蓮托生の誓いと覚悟を堅固に持っていたのではなかろうかと、勝手な想像をし、そうであってくれるとさらに身近に彼らの後ろ姿や、横顔を思い描く事が出来そうである。
無論、彼ら二人の関係をしっかり裏付ける物を見た訳ではないので、これらはあくまでも私の勝手な浪漫的空想に他ならないのだが。

(※この鳥居から↑が恩智神社、右→の小道を道なりにゆけば恩智城趾。車はおすすめできない。)

更なる空想を許して頂くならば、楠公の臣であっただけに、二人とも敵軍勢数万に対する自軍数千、いわんや数百であったとて、名高き智将楠公が展開する巧妙な山城・山岳戦、囮(おとり)やゲリラ作戦に身を投じて、信じた大将と、領民一族のために命数を使い切って行ったのに違いない。

たとえ、後世語られる奇策、応戦の物語が戦場伝説の類いであったとしても、伝説に成るほどの将のためなら、命を賭しても不服無之(ふふくこれなし)と思えるのが、その時の男と言うものであったのでは在るまいか。(現代の将は煙に巻く如く己イの一番に雲隠れする手合いが多いのが残念である。)

 最後に今一度、駅前の由緒書に戻りたい。
あの文中にある「九桜(きゅうおう)」だが、今はどこにあるのかと思い『八尾の史跡』と言う本を読んでみた。「先年まで墓の傍らに(略)今は枯れて全く見られない」とあった。いささか残念ではあるが、今は「大樹を傘に廟のあり左近満一ここに眠る」と言うは、あの由緒書どおりだ。地元の郷土史に詳しい方にお聞きしたお話では、江戸時代の絵図にその九桜が描かれているという事だから、その桜は江戸末期の品種改良で出来た染井吉野ではなさそうだ、もちろん之も確認した訳ではないが・・・・。


 桜、松、菊とこの国の歴史の中には、その時代や時勢を物語る花や樹木が象徴として、大切にされて来たようだが、私は幼い頃から体をあずけて一休みさせてもらえる楠が一番好きだ。楠の木陰はいつもほっとできる。

今一つ触れておきたいのは、この由緒書自体であるが、達筆で文の内容からはこの土地と歴史への想いが感じられる。
 地域振興のために、ゆるキャラなどを考える短期の志も大事だが、このような心の込もった由緒書を後世に残すと言うような、長期の志がまず下地に無ければ、歴史は埋もれ、過去にその土地で生きた人々の生き様から学ぶと言う文化的、歴史的遺産は残らない。

※(恩智城趾・旧恩智小学校校門)

 私は、先ずその土地に住む人が、歴史、文化そして今をよく観て愛していかなければ、その土地は単なる開発か衰退かのどちらかをたどると思えて仕方ない。そんな事を思うと、この駅前の由緒書は正に町の人も、桜を見に来てくれる人々も「文化」してくれる物のお手本のように思うのだが、俄にはご理解頂けまいとも思う。

「近鉄大阪線 恩智駅」

「恩智城趾」

【お知らせ】
今年、25年の桜はもう散っています。念のため。4月10日現在

コメント
こんばんは。こんな素敵なブログを書かれていたのですね。
こちらブックマークさせていただきましたm(._.)m
お返事をどうしてもお返ししたくてこちらへ辿り着きましたので、書き込みさせていただきます。
読み終えましたらor不要とあらば 直ぐに削除願います…m(._.)m

大変悔やまれますが、ご自身が負担と感じる事を無理にする必要は絶対にありませんからね。
寂しくなりますが、こればかりは仕方が無いのでしょうね…
僕の方こそ沢山の有難いお言葉や、励みと労いの数々に、少佐さんとこちらでお会いしてからと言うもの、幾度となく救われてきました。
痛みとの共生、本当に辛い毎日ですが、痛みの度合いや形は違えど、少佐さんより賜りました教訓を基に、流れに身を起き、出来るだけ身に纏った不要なものを捨てながら耐え凌いでいこうと思いますので、辛く苦しい時にふと思い出して頂ければと思います…。
また機会が訪れまして、お会いする事が出来ましたら、その時はまた是非ともよろしくお願い申し上げます。
これまで本当にありがとうございましたm(._.)m
ご多幸を心よりお祈り致しております。
  • ゴマ誰
  • 2014/12/19 7:13 PM
ごまさん!わざわざ来てくださってありがとう!しまったごまさんにメアドお伝えしわすれたんですね。大変名誉な、事ですから頂いたメッセージはここまま残しておかせてください。ごまさんもどうぞ、事故や、怪我にお気をつけて、痛みをお持ちだとなかなか難しいと思いますが、気分転換や、DTMに、打ち込んだり、すこしでも豊かな日々ヲお過ごしくださいね!また、御縁がこざいましたら。わざわざのお返事ありがとう御座いました!
  • Offline少佐
  • 2014/12/19 9:09 PM
少佐。こんばんは!
少佐が最後何かメッセージを残して下さったようでケータイに一部は表示されていたのですが…
Twitterにつないでみてもまったく読み込みがされずせっかく残して下さったメッセージを読むことができませんでした…T^T
なんとかありがとうを伝えたくウロウロ考えていましたらこちらに辿り着きましたのでメッセージ残させて下さい。

本当に短い時間でしたが少佐とのやりとりはとても楽しく、勇気づけられるものでした。

私が病気で苦しむ人を嘘で亡くなったなど傷つけないでほしいという勝手な思いからあのように大きな騒動を起こしてしまい皆さんに混乱と不安を与えてしまったことを深く反省しています。

結果少佐のことまでこのように追い込んでしまい本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

どうかお互いに1日も早く健康と仲良しになれますように…
少しでも痛みから解放されますように…

どうかお元気で!!
またいつかどこかで少佐にお会いできればと思います。
ブチと白猫の彼女可愛がってあげて下さいね。
少佐…T^T
またいつか戻ってきて下さいね!!
少佐本当にありがとうございましたm(_ _)m
そしてごめんなさいでした。
  • まりん
  • 2014/12/19 9:57 PM
マリンさん、までわざわざありがとう御座います。いやー、もうけんさんの周りに沢山の名前があり、たくみさん、に聞いてる場面に出くわした時には、やめる覚悟してたんで気にしないでください。覚悟出来ない火にわざわざ飛び込んだりしませんから。おおかた誤解が解けて良かったです。皆さんできっと楽しい場所にしてくださる事を信じていますよー。
また、いつかどこかで、ブチと彼女のその後が、お知らせ出来れば良いですね。
それでは、どうぞ良い夢を。
  • Offline少佐
  • 2014/12/19 10:17 PM
やっと見つけました(^^ゞ
オイラの方がバタバタしているうちに急にTwitter辞めちゃったからPCの方はログが全て消えてるので連絡先がわからなくて焦りました(^_^;)
何故かスマホの方にはログが残っておりプロフィールにあったアドレスからココを見つけました(^o^)v
Twitterに戻って来なよ
誰も少佐さんの事を悪く言う人いないから
おいらも相変わらずで普通にやってるよ
Twitterの炎上なんて風邪ひいた様なもんだからCRPSと違って熱が下がれば自然に治るから
そんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ
皆んな心配してるよ
少佐さんに悪い事したなって
頼むから戻ってきてよ
待ってるよ〜(^o^)丿
  • KEN2
  • 2014/12/22 3:07 PM
けんさん、わざわざどうもです。
いや、まあ潮時って言うか、辞めるきっかけが、出来て良かったなぁ〜くらいにしか思って無いんですよ、実は。
とはいえ、膿は出さなければイケませんからね。誰しもが、多かれすくなかれ持ってる癖を、あげつらって、陰口を、言ったり、袋だたききにするのは、決して健全とは言えません。助け合いのばなはずが、あんな感じてはダメだと思い、自分から飛び込んで行きました、その時覚悟して、やりましたし、仲間がいずらくなるぼど陰口や、責任被せを、してはいけないと、気付いて下されば、贄は俺で良いのです。また、戻っては気付いてくれた人達やら、仲良くしてくださった皆さんに示しが、付きませんので。どうか、後をお願いします。せっかくのお声掛け嬉しいのですが、自分のライフワークの活動にも専念したいので、何卒お許しくださいませm(__)m
  • 少佐
  • 2014/12/22 4:04 PM
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

最新の記事

記事(カテゴリー別)

記事(月別)

最近頂いたコメント

とても良かった

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで [DVD] (JUGEMレビュー »)

クリストファー・リーブ主演。恥ずかしながら、唯一見て感動してしまった。後にも先にもコレに勝る恋愛映画を知りません。不運な事故でさぞ辛い人生だったでしょうが、彼は最期まで本当のスーパーマンでした。勇気と信念を教えてくれた名俳優さんです。

とても良かった

禅 ZEN [DVD]
禅 ZEN [DVD] (JUGEMレビュー »)

待望の映画DVD化です。
オープニングだけで既に泣いてしまった私は変わり者?

とても良かった

シャイン
シャイン (JUGEMレビュー »)

生きるとは?と問うてしまう時は見てください。苦難の末、体いっぱいで喜び、感謝の涙があふれるピアニストの波乱の人生。

リンク

写真素材売りはじめました。

あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

プロフィール

このブログ内で検索

others

携帯QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM